健康診断と環境測定のご案内

当協会では健康診断機関と共催で巡回定期健康診断及び環境測定を上期(4月~5月)及び下期(9月~10月)に行っています。
受診者数が30名以上の場合は事業場にお伺いいたします。少人数の場合は集合会場での受診をお願いしております。
また、労働安全衛生法により業務別の特殊健康診断は6か月ごとに1回(じん肺除く)実施するよう定められています。

健診内容について

定期健康診断

定期健康診断は、労働安全衛生法により事業主が労働者に対して1年以内ごとに1回実施することが義務付けられています。

項 目

一般検査
既往歴及び業務歴の調査、身長、体重、BMI、視力及び聴力(オージオ)検査、自覚症状及び他覚症状の有無の検査、血圧測定、胸部X線検査、尿検査(糖、蛋白)
血液検査
貧血検査
 赤血球数、血色素量
血中脂質検査
 HDLコレステロール、中性脂肪、LDLコレステロール
血糖検査
 HbA1c、FBs
心電図検査
心電図検査(安静時12誘導)
腹囲検査

全国健康保険協会(協会けんぽ)生活習慣病予防健診

全国健康保険協会管掌健康保険加入の事業所のみなさまは、年度中に1回の受診に限り保険者の費用負担を利用して健康診断を受けることができます。お申込みについては、健診機関へ予約を行っていただきます。

費用負担額、受診対象年齢・検査項目の詳細等につきましては、協会けんぽから各事業場へ送付される案内パンフレットをご覧下さい。

特殊健康診断

業種別の特種健康診断は、6か月ごとに1回実施するよう定められています(じん肺を除く)

有機溶剤

指定有機溶剤が決められ、必ず実施すべき基本項目のほか、種類により異なる検査項目が加わります。

基本項目 指定により異なる検査項目
業務の経歴の調査
有機溶剤による既往歴の調査
自覚症状、他覚症状の有無の検査
作業条件の簡易な調査
尿中代謝物の量
肝機能検査(GOT・GPT・Γ-GTP)
貧血検査(赤血球数・ヘモグロビン)
眼底検査
  指定有機溶剤 必要項目
A キシレン、トルエン、ノルマルヘキサン 基本項目+尿中代謝物
B N・N-ジメチルホルムアミド 基本項目+尿中代謝物+肝機能検査
C 二硫化炭素 基本項目+眼底検査
D エチレングリコールモノエチルエーテル
(セロソルブ)
エチレングリコールモノエチルエーテルアセテート
(セロソルブアセテート)
エチレングリコールモノブチルエーテル
(ブチルセロソルブ)
エチレングリコールモノメチルエーテル
(メチルセロソルブ)
基本項目+貧血検査
E オルト-ジクロルベンゼン
クレゾール、クロルベンゼン、
1.2-ジクロルエチレン(二塩化アセチレン)
基本項目+肝機能検査
F A~Eまで以外の有機溶剤 基本項目

鉛健康診断

指定有機溶剤が決められ、必ず実施すべき基本項目のほか、種類により異なる検査項目が加わります。

検査項目
1.業務の経歴の調査
2.
①鉛による自覚症状又は他覚症状の既往歴の調査
②血液中の鉛の量及び尿中のデルタアミノレブリン酸の量の既往の検査結果調査
3.自覚症状又は他覚症状の検査
4.血液中の鉛の量の検査
5.尿中のデルタアミノレブリン酸の量の検査
6.作業条件の簡易な調査

その他の特殊健康診断

特殊健康診断の種類 特殊健康診断の種類 特殊健康診断の種類
じん肺 電離放射線 石綿
ベンジジン PCB ベリリウム
アクリロニトリル インジウム エチルベンゼン
塩素 オーラミン カドミウム
クロム酸 コバルト コールタール
シアン化カリウム シアン化水素 シアン化ナトリウム
3.3ジクロロ-4.4ジアミノジフェニルメタン ニッケル化合物 水銀
TDI 砒素及びその化合物 ニッケルカルボニル
弗化水素 ペンタクロウフェノール マンガン
沃化メチル 硫化水素 アンモニア
硫酸・硝酸・塩酸 ジメチル-2.2-ジクロロビニルホスフェイト クロロホルム
四塩化炭素 1.4ジオキサン 1.2ジクロロエタン
スチレン テトラクロロエチレン トリクロロエチレン
メチルイソブチルケトン ナフタレン リフラクトリーセラミックファイバー
オルトートルイジン 三酸化ニアンチモン 紫外線・赤外線
有機りん 亜硫酸ガス クロルナフタリン
米杉等 超音波 金銭登録
振動 レーザー高専 騒音
溶接ヒューム 情報機器作業