監督署長挨拶

平成30年度のご挨拶

古河労働基準監督署長 釜賀由美

 古河労働基準協会並びに会員の皆様には、日頃から労働基準行政の業務運営に格別の御理解と御協力をいただいており、厚く御礼申し上げます。

 今国会で働き方改革関連法案が成立しました。
その中で労働基準法に関しては、昭和22年の制定以来初めてとなる、時間外労働に対する罰則付き上限規制が盛り込まれました。
 現行法では、時間外労働の限度時間は告示において定められていますが、臨時的かつ特別な事情が予想される場合には、限度時間を超えた時間を労使間で協定(特別条項付き協定)すれば、その時間までは時間外労働を行わせることができ、また、特別条項付き協定においては上限時間は定められておりませんでした。
 改正法では、時間外労働の上限を原則月45時間、年360時間とされ、臨時的かつ特別な事情がある場合でも年720時間、月45時間を超える回数は年6回まで、単月で休日労働を含み100時間未満、複数月の平均で休日労働を含み80時間までと規定されました。
 施行日は、大企業は平成31年(2019年)4月1日で、中小企業は2020年4月1日です。
 建設業の労働者、自動車運転者、医師の時間外労働については、改正法施行後5年間は適用が猶予されます。
 現在、時間外労働協定で特別条項付き協定を締結されている事業場におかれましては、今後、改正法で規定された上限時間を越えることのないよう、また、現状においても、時間外労働、休日労働の削減にご尽力いただきますことをお願い申し上げます。
 なお、古河労働基準監督署では、この4月から、中小企業事業主の方の労働時間全般についての相談に対応する「労働時間相談・支援コーナー」を設置しました。どうぞお気軽にご相談下さい。

 労働災害については、平成30年6月末現在、昨年同期との比較において、休業4日以上の死傷災害は減少していますが、動力機械への挟まれによる指の切断等重篤な災害が発生しています。
 死亡災害は、平成30年1月から現状において、古河労働基準監督署管内の事業場の災害は0件ですが、当署管内での出張作業において1件発生しています。
 尊い命を奪う労働災害はあってはならないことです。平成30年後半に向けて死亡災害が発生することのないよう、労働災害防止の指導に力を入れてまいります。

 会員の皆様におかれましては、引き続き、法令遵守、労働災害防止にご尽力いただきますようお願い申し上げます。
 最後に、古河労働基準協会の益々の御発展と、会員の皆様の御健勝、ご繁栄を心より祈念申し上げます。

                         平成30年7月